温度上昇で攪拌し酸素を入れ発酵を促し肥料にする時間を短縮しようと試運転中

P2120012                P2120011

回転装置プランターで生ゴミ発酵させ3日~4日程で40度~50度に昇温そこで回転攪拌。タオルで保温

P2120010               P2120013

処理熱で植物を越冬、昨年のべコニヤが新芽を出し成長している状態 生ゴミの量が一定で無い為温度をキープするのが、問題。